About teriroについて

VRが切り拓く不動産の未来

今ここにない情報や、
今ではない時代の情報を可視化することのできる
バーチャルリアリティという技術を利用することで、
住宅業界の業務効率化を支援します。

VR

VRという共通言語

目に見えない物を売るためには
売り手側と買い手側のイメージの共有が非常に大切です。
VR技術を利用し、将来起こる現実を体験を通して”見える化”することで、
お互いのイメージのギャップをなくします。

たとえば、リフォーム・リノベーション会社様であれば
色や素材のシミュレーションをしたり、
不動産開発業者様であれば
色合いなども体感してもらいながら説明することができるようになります。

何かのイメージを共有するとき、
現物(リアル)を共有するにこしたことはありません。
「私はこれがほしい」と伝えることができるからです。
VRという技術は図面やスケッチ、CGパースよりもより
確実に現実世界に近づくことができます。
私たちが目指すものはどこでもドアのように
現実世界と仮想現実の間を扉一枚まで近づけるようなサービスです。

VRによる時短・コスト削減

”不”動産の名の通り、不動産は動かない資産です。
そのため、今までの家探し土地探しは
現場に必ず足を運ぶことが当たりまえでした。
しかし、VRコンテンツを導入すると
販売側が事務所で現場詳細の案内ができたり、
購入意欲の高い買い手だけを
実際に現場案内できるようになります。
また、いち早く販売を開始することができるようになるため、
時短効果やコスト削減といったメリットを得ることができます。

VRによる比較検討

VRを利用すると買い手側は
短時間でより多くの物件を比較検討できるようになるため、
効率的に物件探しをすることができます。
そして、売り手側は見込みの高いお客様に対して
営業をすることができるため、
営業の質の向上につながります。

また、VR内では簡単に床材や壁材を
変更することができるため、
カタログやパネルだけではわかりにくかった
色合いやコントラストを、
シミュレーションを利用しながら
空間を比較検討することができるようになります。

もっと具体的な内容を相談する →